餅による恣意 

ゲームとか、株とか、本とか(^u^)

硬くなるか薄くなるか

 決められないということも、一つの強い個性だ。父を見ているとそう思う。

 自分から何かを決めたり出来ず、しかし周囲の人間の振る舞いに何時も不満があるのだ。例えば、何を食べたいかを聞き、何でもいいと言われ、提供されたものを見て顔をしかめたり小言を溢す。自分の意に沿わぬ他人の言動にいちいち不快感を示す。

 ずっと決めたくなかったんだろう。環境の変化とか、責任とか。後々どうなるか以上に何とかなっている現状の継続が父にとっての平穏だ。自分だけの裁量で生きられればそれで十全。そもそも同意を求めているだけで、人の意見など欲していない。

 でもそれを責めることをするのは私には出来ない。

 結果巻き込まれてしまったとしても。思考の形式は人それぞれで、何を恐れるかも人それぞれ。責任を持ってとか、周りに迷惑をかけるなとかはそもそも無理な話だ。責任を持とうと思っても無理なことは多々ある。

 例えば私は産まれてきたくは全く無かったし、一人間として欠陥だらけだが、それは産んでみてからしか分からなかったことだ。人は気の遠くなりそうな数の精子の中から偶然発生したに過ぎない。産まれなかった可能性の中に、産んでくれてありがとうと言えた人間だっていたはずだ。まぁもともと私達の一族はメンタルが弱い人間が多いみたいだからそれ程期待できないけれど。だから病気やガンやらで短命らしい。私にとってはそれ位が丁度いいやw

 

 人は誰でも思想を持っている。それは硬くなったり薄くなったりする。柔くより薄くなるといったのは私の中でそんなイメージだからだ。例えば薄い人は良くも悪くも周囲と同調しやすい。硬い人は混ざらないから一見強そうに見えるけれど、がんがんぶつかりまくるから敵対しやすいし壊れやすい。

 父は年々硬くなっている。家族ともがんがんぶつかる。色々とこっちが推測しなきゃいけないから疲れるし、本人の望んでいないことだと嫌な顔をされるから正直なところ辛い。こんなに気を使っているのになんて思うこともかなりある。

 しかし、こっちも相手に我慢させている部分があるから責められない。そう在るものやそうなってしまったものに、なんでなんだと癇癪をおこしてもお互いに疲れるだけだ。あげく結局のところ変えられるのは自分の受け取り方や行動だけで、喉が枯れるほど怒鳴った所で通じたかどうかは甚だ怪しい。

 生きるのは大変だ。自分の能力以上だと思えるような問題が山積しているようで不安が拭えない。意見を言わなきゃ黙殺されるし、言ったらいったで角が立つ。不和はあちこちで常に潜んでいるし、なまじ感覚が周りとずれている分地雷を踏み抜く事も多い。ネガティブな自分の性格が嫌で嫌で堪らなくとも、変えるのは非常に難しく、あれも駄目だったこれも駄目だったと反省を続ければ心が折れるのも時間の問題だろう。

 母の時もそうだったが、父の時も同じことを思う。さっさと死んでしまった方が苦しまずにすむんじゃないかと。それを知っているのは本人だけで私の分かることではなく、父の咳き込む音をずっとずっと聞いている。

 苦しそうだなと思うが、生きていてほしいとも思う。でも死んだ方が楽ではないかとも思い、父が出すだろう答えがなんだったのかは私には永遠に分からないんだろう。何せそれは死んだ本人のみぞ知ることだから。

 

時間捻出

 仕事を久しぶりに始めて思ったことは、これ程時間が無いんだなぁってこと。お子さんがいる家庭だともっともっと時間が無いんだろうな。本を読んだり勉強する時間を作るのにも一苦労。帰って来て家事諸々。朝起きて簡単に掃除したりとか。それで会社に拘束される時間は移動も含めると9時間は越える。

 睡眠時間を削らない限りまとまった時間はできないだろうな。家の場合は病気の父がずっと咳き込んでるから、夜中何度も目が覚める。あと、今回就いた仕事が土曜日も出勤でもっと時間がない。YouTubeとか見ようものならあっと言う間に寝る時間。

 何とか調整して勉強しないと。お金って本当に大事だよな。だからトレード頑張ろう。他にも色々w

引き出しの中

 自分の身の回りを整理する。これって凄く重要なことだ。でも不思議なことに引き出し一つだって、意外と管理できてなかったりするんだよな。使うかもしれないとか、一応とっとこうとか、そもそもなんでとっているのか分からなかったり。

 特に紙。期限が過ぎていたり、もう終わった用事だったりしてもそのままになっていたりする。それは絶対に止めておいた方がいい。そうしないと後々骨を折ることになるから。最早確認しようがないとか、間抜けなことになる前に。自分のだけじゃなく、家族と共有している引き出しとかも出来ればみんなで時々整理すべき。何せ今まさに私が苦労しているから。

 面倒なんだろうな。それとも日常生活に精神的なゆとりが全く無かったのか。分からないでもないからね。疲労困憊しているのに、家に帰って更に疲れそうなことをしなくちゃならないなんて。それでも生きてりゃ紙だって溜まってくよなぁ。契約書とか、保証書とか、諸々。絶対に明日が来るっていうなら。将来に渡ってずっと自分が生きているとすれば、或いはそんな作業必要ないのかもしれない。全部自分がするっていうなら、出来るっていうなら、それが本当ならいいのかもね。

 でも命は存在していれば常に、存在しなくなる可能性を孕んでいる。

 それは明日かもしれないし、たった今かもしれないし、ずっと先の事なのかもしれない。

 いなくなった先の事をさ。去っていく人は少し考えるべきだと私は思っている。生きていくって大変だからなぁ。だからほんの少しでいいから、日頃からね。これは言っておくべきだろうとか、これやっとかないと絶対に大変なことになるだろうとかさ。

 死んでいく人も、生きていく人もお別れに集中出来るようにさ。

 「後片付けをしなさい」って親はよく言うものだけど、言ってる本人もなかなかできないもんだからね。不思議だなぁ。それぞれの苦労があるんだろうけど。死ぬのもきっと大変だしね。でもある程度やっとかないと、涙どころか悪態ついたり。そんな別れは嫌じゃね?

 じゃあね、後は宜しくねとか、今までありがとうねとか、そんな別れがいいな。

 難しいって分かってるけど、そこは協力していきたいところだなぁ。

 

一旦手仕舞い

 保有していた二銘柄を今日の昼休みの時間に切った。仕事がある程度落ち着くまではだから、そんなにかからずにまたトレード始めるけど。ちょっとまたやり方を考えないと。休憩時間も短いし、なかなか人目につかないようにするのも難しい。でもまぁ工夫してどうにかするしかない。肉体労働だから慣れるまでは睡眠時間優先かな。

 最近プラスで推移していたけど、少額のトレードだったしモニターに張り付いていられたから。今度からはまともに見られるのは昼の十数分くらいだから、エントリーするタイミングもずれてしまうしなぁ。

 兎にも角にも節約だな。必要なものからお金使っていくけど、父も長くないし葬式だって凄くお金がかかる。家族葬も考えたけど、その後の来客対応とかしなきゃいけないなら一度で終わらせたい。ま、そんなに人付合いがあるに人じゃないし、退職してから随分経っているからそうそう来ないと思うけど。分からないからなぁ。投資資金はしっかり確保するのは絶対。といっても余剰資金でだけど。

 取り敢えず株はテクニカルの勉強を継続。どうすれば、どのタイミングなら、どのシグナルならと。また手探りで考えていきます。

帰省

 父がいつ体調を悪化させるか分からないので、一泊二日で帰省してきた。簡単に会いに行ける距離だったら良かったのだが、そこそこ遠いのでやや疲れた様子だったな。遠くの親戚より近くの他人とはよくいったものだと思う。

 自覚している症状と、実際の症状に齟齬があるようでこちらは気が気ではない。遺される者としては、死が仕方の無いことだと分かってはいても、出来るだけ長くこの世に留まってほしいと思ってしまうもの。本人はいつ死んだって良いと公言するくらいだから、退屈な日常よりもあっさり死んでしまいたいのかもしれない。延命処置はしないと家族で話し合って決めているんだけれどね。

 私も遺されるより遺して行く方に回りたいがそうはいかないものだ。

 人間、歳を経るごとにだんだんと出来ることが減ってくる。単純に体力や筋力が落ちてくる。免疫力だってそうだ。当たり前に出来ていたことが段々そうでなくなってくる。億劫だと思うことが増えてくる。今まで当たり前に過ごしてきたはずの日常に不便を感じるようになる。

 家の汚れが目立ってくるのは、荷物が段々と増えてくるのは、自分の管理できる範囲が徐々に狭まっている証拠だ。

 思い出の物を持って人はあの世にはいけない。全部全部この世に置いていくことになる。あれも大切でも、これも大切でも、それは結局のところ一つ残さず置いていく荷物だ。

 自分もそうなっていくんだなと、昔からずっと思っていた。だから年齢を重ねるごとに、物を持つことが嫌になってきた。だってそれを片付ける人間は、どれほど大変だろうか。そう思う。私には子供がいないので、このままいけば血も繋がっていない誰かに後を処理して貰わなくてはならないだろう。身内でもない他人の後始末など、誰でも嫌になる。だからこそ、過剰に物は溜めこみたくない。

 毎日を大切にしたいと思う。出来うる限り楽しく過ごしたいと思う。そして立つ鳥跡を濁さぬではないが、なるべく片付けて逝きたいものだ。

 

内側に籠るということ

 世界には外側のルールと内側のルールがある。勿論最重要なのは内側のルールだ。そのルールが他からすればちょっと首をかしげるようなものであったとしても、やはり一番大切なことに変わりない。そしてその一番大切なルールは、世界からすれば取るに足らないもでしかない。

 そこには明確な隔たりがある。

 では自分のルールだけに則って行動すればいいのか。それは出来ない。集団の一部としてしか人が生きられないからだ。現代の日本に生きていると、生活を成り立たせる殆どのものに人の手が加わっていて、そうでないものを探す方が難しい。手が入っているといるということは、費用が発生しているということ。あらゆるものが交換されている。だから社会で生きるには、自分の提供できるものを差し出さなくてはいけない。提供できなければ、あるいは疎外されてしまうこともあるだろう。

 

 自分のルールを守るには細かな修正が必要かもしれないし、時に大幅な変更が必要なこともあるかもしれない。社会と自分との間の軋轢は出来るだけ小さいものの方が生きやすいから。でも、どうしても譲れないことがあるのならば、そのまま突っ走ることも許されている。

 存在しているということは良くも悪くも、可能性だ。どう作用するのか、何処まで作用するのかは事が起きてからでないと分からない。それが喜劇になるのか悲劇になるのか誰にも分からない。行動する本人にだって分からない。特に人は感情の生き物だからより予測がつかない。知性があって性格があって能力があって環境があって遺伝子に左右されて、そんな中でどうにか考えている生き物だから。何も考えずに生きられない生き物だから。集団に常に所属し、しかも振り回されがちな生き物だから。

 何処からともなく発生して、何処かへと消える。良いも悪いも幅広く網羅して産まれてくる。そもそも正しいとか正しくないとか、好ましいとか好ましくないとかの概念は後付けだ。多様性で存続してきたのだとしたら、有意性のある遺伝子が主流になることはあっても統一されることはないはずだ。

 

 自分の内側に籠ること。それはわざわざ世の中との距離を多少なりとも置く事。

 ぽんと産まれてきてこの世で思考していると、どうにも自分は人に向いていないな、という想いが拭えない。常にノイズが走っている様な違和感が付きまとう。かといってこの世からお暇しようにも、痛いのは嫌だし大切なものもあるのでなかなか難しい。だから自分という肉体を箱として、手だけを伸ばすようなイメージを持つ。私は昆虫が非常に苦手なのだが、カタツムリとか。もしくは亀とか。あるいは貝とか。ちょっとずれるがアルマジロでもいいかもしれない。想像力は使いようだなと思う。

 

 ぐだぐだ書いたが、仕事が見つかりました。パートだけどw

 

 

心構え

 何に不安を感じるのか。どこまで耐えられるのか。何度も言うけど、これは人それぞれ違うものだ。

 瞑想しようがメンタルトレーニングに勤しもうが、何に対して何を感じやすいかという基本の思考は変えられない。お化けが怖いと思う人間がいて、お化けなんていないと思う人間がいるようなもの。自分がいくら楽しいと感じるからといって必ずしも共感できるわけじゃない。

 勿論何もかも変わらないわけじゃない。鈍くなったり鋭敏になったりもするし、食べられなかったものが突然食べられるようになることもある。けれど、可能性があるだけで偶発的なものを待っていたって仕方ない。死ぬまで変えられないものもある。

 

 恥ずかしながら買い物以外家にこもってると、お客様としての立場以外での人の接触が非常に怖い。(お客様の立場といっても、スーパーで店員さんと話す程度だけど)今日はハローワークに行って来た。前々から行こう行こうと思っていたが、とうとう今日目的の場所に行くことに成功。精神がごりごりと音を立てて削られたw

 簡単なことだと思うだろうけど、本当に難しい。

 しかし虚勢だとしても前向きに努力しようと決めたから、まずは一歩前進だと思うことにする。自己肯定は大事だよ。本当に大切。特に怖いものに向かう時には、少しでも恐怖心を薄める役に立つはずだ。後は勢いとかも大切かもしれない。

 誰かと比べたり、比べられたり、馬鹿にされたり、驚かれたり。色々あるけれど、生きてるとそんな目にも合う。っていう心構えを前もってしていたら、大抵の事はやっぱりそう来たかとショックを緩和出来ると思わないかなw

 自己防衛自己防衛w 明日も行くかな。分からないけど、考えていても仕方が無い部分もあるしなるべく行動したい。頭ばっかり回転していると単純に辛いから。運も大きく関係するし、失敗もあるだろうけど。自分が変えられるかもしれない範囲では頑張りたい。潰れない程度に。潰れたら潰れたで人生は死ぬまで続くし。

 なるべく良い方向へ進めるようにw